編集部雑記イベント

2019.08.03「LOVE泉北!ドリーム・トークライブ」にて登壇しました☆

こんにちは!編集部のジンタです。

泉北のまちと暮らしを考える財団が主催する「LOVE泉北!ドリーム・トークライブ」にお声掛けいただき、RE EDITの取組を話しに行ってきました^^

一方的に話すプレゼンは、すごく苦手…。

案の定、お題となっていた夢の部分を語ることが出来ず、自分の不甲斐なさにガッガリしました(苦笑)

 

お昼から取材が入っていたので、午前中のみの参加でしたが、他に登壇された方のお話しが興味深く、大変勉強になりました!

ご一緒いただきました皆様、ありがとうございました。

各プレゼン後に質問をいただいていて、時間の都合上すべてはお答えできなかったので、こちらでお答えさせていただきます^^

「情報が消費露消する昨今、手許に置いておきたいと思われる紙媒体を作られたのはすごいと思います。」

ありがとうございます!!そんな風に言っていただけて嬉しいです。ご協力くださる皆さまのおかげです^^

「どちらで売っているのですか?」

泉北内外で販売協力くださっている店舗で購入できます!

販売先リストはこちらです▼

販売協力先*一覧

「取材先のピックアップは、どうやって決めてるの?」

創刊号は元々知り合いの方で、ステキな活動をされている面々の中でも、編集部内でプレゼンをし「この人を紹介したい!」という編集部メンバーの愛をもって選ばせていただきました。ページ数に限りがあり、まだまだいらっしゃったのですが、全体を通しての特集企画にフィットした方々を創刊号へ掲載させていただきました。掲載しきれなかった方々を次号へとしたのですが、現状では3号まで企画が上がっています(まだ2号は完成していません。笑)

「じんたさんは、日頃は何やってる方ですか?収入ってありますか?」

確かに!めっちゃ謎ですよね。笑

なんとか生計を立てられるぐらいの収入はあります!笑

仕事はRE EDITと同じようなことをしています。一言で括れば”まちづくり”。

駅前から広がる地域のエリアマネジメントを検討しながらイベント運営をしたり、団地の集会所のコミュニティづくりをしたり、最近ジョインした福祉関係の法人でのクリエイティブな事務仕事を請け負ったり。

お金という対価をいただきながらの仕事は上記の感じですが、RE EDITも含めて、その他にも様々なことをやっているからこそ生まれたり、繋がったりするので、あまり仕事と遊びの区別がつかず。

公私共に、その地域に住んでいる方々に対して、まちに目を向けてもらえるような”地域に関わるキッカケづくり”をしています^^

「雑誌をつくるにあたって、いろいろなスキルが必要かと思うのですが、どうやってメンバーを集めました?」

今の日本の働き方をも変えてしまう雑誌をつくりたい。と、これからつくる雑誌を通じて目指したい未来を話しました!

そこに共感したメンバーが集まった感じです。

個人的な理想の働き方は

09-15時 仕事

15-17時 仲間たちと雑談

17時以降は大切な人との時間

を過ごせるような人がたくさんいる短時間労働で充分な暮らしが叶う未来を目指したいです♪

「情報誌の売上額とつくるのにかかる経費はどれぐらい?ボランティアで参加?編集者は有償?」

売上額は単純に考えれば1,000円/冊×売れた部数です。販売委託でご協力いただいているため、タイムリーな販売部数は分かないのですが、編集部で抱えている在庫のうち1,000部は手元から旅立っています。

編集部メンバーも含めて、全員が有志で関わっています。取材は1回だけではなく、複数回に渡り、取材先の方とも一緒に進める形で誌面を育んでいます。これと同じことを仕事ではできないと思っています。(年一回発刊の雑誌に使う人件費としては高すぎて、これまでの出版業界やビジネスの常識に当てはめると、収支が合わないからです)

体験型雑誌としてイベント開催をしているためイベント経費、そして印刷製本費などが必要です。

これからの仕事を自分たちで生み出していくための広報という感覚でいるので、これからメンバーや関わる人たちが、やりたいことを仕事としてやっていけるような媒体に育てていきたいと思っています!

1人ではできないことも、みんなの得意が合わされば、できないことはないと思ってます^^

「一版何部発行したの?」

創刊号は、最後の最後まで悩んで2,000部発行しました。小さな編集部のため、増版はなく一版のみです。そのため、今後もなるべく先行予約で必要部数を把握して印刷していこうと考えています。

次号もクラウドファンディングや先行予約をしたいと考えています^^よろしくお願いします♡

「頒布価格 発行部数」

本文80頁、1,000円(税別)です!

創刊号の発行部数は2,000です。

「SDGs2030 RE EDITどのような姿をえがいてますか?」

老若男女、障がいのあるなしに関わらず、それぞれの「得意」を活かして暮らせるまち を想い描いて活動をしています。

「SDGsの項目で1-17迄有りますが、何番に注力していますか?」

11 住み続けたいまちづくりを

17 パートナーシップで目標を達成しよう!

を特に意識して製作しています。

それ以外にも、取材対象の方がそれぞれ1-17項目のどこかに当てはまる活動をされている方を中心に紹介しています。

ちなみに創刊号のカラーは11カラーです!コレクションしても楽しいように、毎号カラーを変えていこうかな?と思っているので、全色揃えてくださいね^^

(あと16発刊、続いてるかな?笑)

たくさんご質問いただきまして、ありがとうございました^^

もっと皆さまと交流したかったです!!

ぜひ、またの機会を楽しみにしております♪RE EDITの活動にも、いつでもご参加くださいね☆